世界最短・最細の注射針を発売 テルモ

 テルモは2月25日、長さ3mm、外径0.18mm(34G)の世界で最も短く、最も細いペン型注入器用ディスポーザブル注射針「ナノパスJr.」を発売したと発表した。

ナノパスは、インスリンや成長ホルモンなどを自己注射する際に用いる。

2005年の発売以来、注射針を細くすることで注射時の痛みの低減を追求してきた。

今回発売の製品は、同社が2012年に発売した同じ34G注射針より、1mm短くし、小児ややせ型、皮膚の薄い患者に使いやすいように改良した。

 

 同社は、1日数回にわたる注射時に、痛さなど恐怖心を和らげ、治療を続けやすくすることを目指して開発。

05年の0.2mm径を発売以降、12年に0.18mm径を実現した。

10年で累計10億本を販売したという。

21年度には年間3億本の販売を目指す。

今回発売した製品で小児から使い慣れてもらい、従来品に移行することを想定する。

希望小売価格は70本入2100円(税抜き)。

 

※鍼灸治療によく使う鍼と同じ太さです。

インフルエンザの予防接種も注射針が細くなりましたね。

注射は針だけで刺しますが、鍼灸の鍼は管に入れて刺すため痛みを感じない、刺したのが分からないときもあります。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101