60代のカロリー摂取が最多、若い世代は減少

 食事で摂取する1日当たりのカロリー量を20代以上で調べた結果、男女とも60代が最も多かったことが、厚生労働省による2017年の国民健康・栄養調査で分かった。

20~40代のカロリー摂取量は20年間で1割前後減少し、朝食を抜くなど食生活の乱れもみられる。

同省の担当者は「定年退職し、食事や運動に時間を使う余裕ができた60代が相対的に高くなった可能性がある」としている。

 

 カロリー量は、タンパク質と脂質、炭水化物の三大栄養素の摂取量から算出した。

60代は男性が2218キロカロリー、女性が1794キロカロリー。

男性は20代と比べて107キロカロリー、30~50代よりも54~84キロカロリー多かった。

女性は20~30代と比べて100~109キロカロリー多く、40~50代よりも70~90キロカロリー多かった。

タンパク質も男女とも60代が最も多く取っており、年齢が上がるほど魚介類の割合が高くなった。

 

 1997年の調査結果と比べると、摂取カロリーは20~60代の男女とも減少。

20~40代では、男性が164~255キロカロリー、女性が151~204キロカロリー減っているのに対し、60代は男性が19キロカロリー、女性が26キロカロリーの減少にとどまっていた。

 若い世代を中心に摂取カロリーが減っていることについて、同省の担当者は「メタボリック症候群という言葉が定着するなど健康志向が高まり、カロリーを気にする人が増えていることが影響しているのではないか」と話している。

 

 調査は17年11月に、無作為抽出した約5千世帯に実施し、約3千世帯から回答を得た。

 17年の調査では、65歳以上の高齢者の生活習慣と健康状態との関連も初めて調べた。

 65歳以上では、男性の12・5%、女性の19・6%が、体格指数(BMI)が20以下の「低栄養傾向」だった。

「週に1回も外出しない」と答えた男性の低栄養傾向の割合は28・6%で「外出する」とした男性の約3倍に達していた。

 

※厚労省の調査結果です。

いろいろな情報が入手できるようになり、カロリーが減っているのでしょうか。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101