今日は重陽の節句です

 今日は9月9日は「重陽の節句」です。

中国で縁起の良い「最大の陽数(奇数)」が重なることを喜び、薬効をもつ菊を使って長寿や健康を祈願するので、別名「菊の節句」と言われています。

菊の花を浸した菊酒や乾燥させた菊の花びらを詰めた菊枕、湯船にリュウノウ菊の花びらを浮かべ、香りを楽しむ菊湯などが有名ですが、「後の雛(のちのひな)」と呼ばれる大人のひな祭りの始まりでもあります。
これは江戸時代から続く風習で、出番の少ないひな人形を長持ちさせる意味があり、大人の女性がご自身の幸せを願うために飾ります。

99日~109日頃まで飾るそうです。おひな様にも中秋の名月を見せてあげるのでしょうか。

【乾燥するこの季節、潤いケアにおすすめの食材】
 ゆり根・白木くらげ・レンコン・大根などの“白い食材”
 カリン・ざくろ・梨など、酸味と甘味のある“旬の果物”

 辛味をもつ食材は「肺」の働きを助けますが、乾燥しがちな身体の水分を飛ばしてしまいます。
 長ネギや生姜、刺激物などのとり過ぎに注意しましょう。
 また漢方では「酸甘化陰(さんかんかいん)」と言い、 酸味と甘味の組み合わせが身体を潤すと考えます。手頃なところでは「はちみつレモン」や「梅黒糖茶」などが おすすめです。

 

   【 お風呂で潤いケア 】
カミツレ(カモミール)湯 ≫
夏の陽射しで消耗した潤いを補い、神経の疲れも解消します。
≪ 米ぬか湯 ≫
豊富な脂質とタンパク質が肌の潤いをケアしてくれます。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101