夏に腰痛がひどくなる

 今年の夏は気温が高く暑い日が続き、冷たいものを飲んだり食べたりする機会が増えています。

そんな夏に腰が普段より強く痛む、ぎっくり腰になったら以前よりひどく動けない、なんてことはないでしょうか。

刺身をたくさん食べた翌日に、普段と同じような荷物を持ったらぎっくり腰になった、なんてことにならないように、腰の痛みでお悩みの方は、食事に気をつけてみてください。

 

 冷たいものを飲食することで胃腸の負担が大きくなり、その影響を受けるのが腹筋です。

胃腸などの消化器にも筋肉があり消化をするときに働いていますが、その働きを補うのが腹筋と思われます。

気になる方は、横になった状態でヘソ周りを押すと硬くなっているのではないでしょうか(本当は夏になる前の状態と比べて欲しいのですが)。

筋トレの後、筋肉が硬くなるのと同じように、トレーニングをしていないのに腹筋が硬くなっていませんか。

 

 胃腸の負担をやわらげるには、冷たいものだけでなく温かいものを飲食する、冷たいものを減らす、冷え切ったものでなく室温程度のものを飲食する、湯船につかるなどを行ってください。

 身体は寒いときに動かしにくく、温かいときに動かしやすい、温かい食べ物のほうが胃腸も動き消化しやすくなります。

 冷たいものばかり飲食していると身体に冷えが蓄積されます、運動の後・暑い外から帰ってきた時などは冷たいもので身体の熱を冷まし、他は冷えきったものを控える。

 冷蔵庫から出してすぐのものは冷えていますが、室温に少しおくとその冷えが和らぎます。

 夏のお風呂はシャワーで済ませることが多いですが、身体を芯から温める湯船にもつかりましょう。

 冷房の効いた室内に一日いる方は、飲食だけでなく身体を冷やさない服装にしてください。

 

 特に、冬に冷えで悩む方は、夏に身体を冷やさないことも大切です。

秋から冷え対策を始めるのではなく、1年中対策をしていないと改善されません。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101