風邪症状に抗菌薬の処方は慎重に

 細菌の増殖を抑えたり、殺したりする抗菌薬(抗生物質)

風邪の大半には効果がないのに、医師が「念のため」と処方するケースが少なくない。安易な処方は抗菌薬の効かない「薬剤耐性菌」の増加につながるため、厚生労働省は、不必要な抗菌薬を減らすための医師向けの手引をまとめた。

 

 風邪の大半は、様々なウイルス感染が原因

ウイルスには抗菌薬が効かず、薬は無駄になる。

ただ「風邪」の一部に、細菌による感染が原因というケースもあり、医師による見極めが大事だ。

 しかし実情は、風邪の原因が「細菌」か「ウイルス」かを区別しないまま、「念のため」と処方する医師が少なくない。

風邪患者の6割に対し、抗菌薬が処方されていたという国内のデータもある。

 

 こうした抗菌薬の乱用を減らす必要があるのは、耐性菌の増加につながるからだ。

人の体には普段から、薬が効く細菌と、耐性菌が共存している。

抗菌薬を飲むと、体内のほとんどの菌は死ぬ中で、耐性菌は生き残る。

しかも栄養分を分け合うライバルがいなくなるため、増えやすくなる。

健康な人は免疫が働くため問題にならないが、体が弱った患者や高齢者がいる医療機関や介護施設で広がると命に関わる。

 

 厚労省によると、耐性菌による死亡者は2013年現在、世界全体で年間70万人。対策を講じなければ50年に1000万人に増えると推計されている。

 抗菌薬の使用についての厚労省の手引では、風邪の症状を訴える患者の診断の流れをチャート図で示し、抗菌薬の処方が必要かどうか分かるようにした。

それによると、抗菌薬処方を検討するのは、症状の重い急性 副鼻腔炎、溶連菌感染症など細菌が原因となる一部にとどまる。

 

 不適切な処方が横行しているため、患者が誤解に気づかず、薬を求める悪循環に陥っている面もある。

 国立国際医療研究センター病院(東京都新宿区)特任研究員の具芳明さんが14年、20~60歳代の男女1087人を対象に、抗菌薬の知識や意識を聞いた調査によると、5割近くが「(抗菌薬は)ウイルスに効く」と誤って回答。

2割近くが「風邪で受診したら必ず処方してほしい」と答えていた。

 手引は、一般の人がワクチンを接種し、せきをする時は周りの人に注意を払い、日頃から手洗いやうがいをするように促した。

そもそも感染症で受診する人が減れば、抗菌薬の減少にもつながるからだ。

 手引を作る作業部会の座長を務めた同センター病院副院長の大曲貴夫さんは「医師が適切に処方するとともに、一般にも正しい知識が普及すれば、無駄な抗菌薬は必ず減らせる。医師が『念のために』と抗菌薬を処方しそうになったら、本当に必要かどうか尋ねてほしい」と話している。

 

※先日、家族が風邪による体調不良と思われ、一緒に内科医に行きました。

医師からどんな症状か聞かれたので、鼻水とせきと話しました。

ではその症状に効く薬を出しましょうとのことでしたが、もらった薬は3種類で抗菌薬が含まれていました。

家に帰ってから、これ(抗菌薬)は飲まなくていいよと家族には話しました。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101