高齢者の低体温症に注意する点

 寒さに対する反応は、年齢、持病、飲んでいる薬に影響される可能性がある。

そのため、とくに高齢者では、寒い時期に低体温症になる危険性が高い。

 

 米国立加齢研究所(NIA)は、中核体温が35℃未満となる低体温症の症状として、以下をあげている。

  発話がゆっくりまたは不明瞭になる

  錯乱または眠気を生じる

  手足の震え、こわばり

  反応が遅い、身体をうまく動かせない

  脈が弱くなる

 

 自分や周囲の人が低体温症ではないかと思ったら、救急に電話する。

 

 高齢者が冬に外出するときは、帽子やスカーフ、手袋を身に着け、体温が失われないようにする。

緩めの洋服を重ね着すれば、洋服と洋服の間に暖かい空気の層を保つことができる。

また、誰かに外出することを知らせ、充電した携帯電話を持つべきである。

 

 自宅を暖かく保つことも大切だ。

高齢者の場合、室温を20℃以上に設定することが勧められる。

他にも、洋服の下に長い下着をつける、靴下とスリッパをはく、帽子かキャップをかぶる、アフガン編みの肩掛けや毛布で脚と肩をおおうなどの工夫で、暖かく過ごすことができる。

 また、高齢者は、使用している処方薬や市販薬が低体温リスクを高めるかどうか、医師に確認しておく必要です。

 

※冷たいものを飲食すると身体の中から冷やすので、冬場は厳禁です。

この時期、アイスクリームやビールは、若い人でしょうか。

暖かい部屋でも控えてください。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101