夏に甘酒

 甘酒というと、寒い季節に身体を温めるための飲み物ではないようです。

江戸時代は甘酒売りが木樽に入れて天秤棒で担いで売り歩いていました。

俳句の季語で甘酒は夏だそうです。

甘酒は幼児や病人が夏の暑さの中で求める最高の栄養飲料でした。

 

 甘酒はブドウ糖が主体で、麹菌が発酵する際に多種のアミノ酸、葉酸、ビタミンを生成するため栄養補助食品としてすぐれた飲み物。

また、体内にすばやく吸収でき、ブドウ糖注射に似て即効性があり、体力を回復できる飲料です。

そのため、点滴に替えて「飲むブドウ糖」とも言われています。

 

 甘酒ができる発酵過程は麹菌が米のデンプンを糖化し、同時に乳酸発酵も進みます。

発酵温度の高低により、高いと麹菌の作用力が弱くなり甘みは少なく、低いと乳酸発酵が強くなり酸味が増します。

これから本格的に暑くなる夏にぜひ試してみてください。

 

 別な夏の飲み物ですが、先日スーパーで見つけた麦茶のパック、名前の知らないメーカでしたが、裏の表示に「原産国:日本」をみつけました。

いつも買っている青いパッケージの麦茶を改めてみると、原産国はカタカナ表示(輸入)でした。

麦茶は緑茶と同じ国内生産と思っていました。

ちょっとショックでした。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101