何となく調子が悪い

 今年は、6月でも風邪をひいている方が多いようです。

朝晩の気温差、日による気温差が大きいのに身体が対応しきれないのが原因かもしれません。

昼間の気温が高い時は冷たいものでもよいかもしれませんが、朝晩の涼しい時は温かいものを飲食したほうが身体にはよさそうです。

冷たいものの飲食は身体を中から冷やしますので注意してください。

胃腸を冷やすと、食欲が無くなり、身体がだるくなります。

せめて常温(室温)のものを飲みましょう。

冷房が効いている室内なら、温かい飲み物がよいですし、カーディガン、ベスト、ひざ掛けなどで身体を冷やさないようにしてください。

 

 本格的に暑くなる前に汗をかく運動をすると、暑いときの体温調節が働きやすくなります。

暑いときは、皮膚表面に近い血管の血流が増えて熱を逃がす、汗をかいて汗が蒸発するときに熱が奪われ体温を調節します。

普段から汗をかいていないと、汗をかく働きが休んでしまい、熱が身体にたまりやすくなるようです。

昼間の暑い時間帯ではなく、朝晩の涼しい時間に早歩きなどで息が弾むぐらい身体を動かし、汗をかくようにしましょう。

 

 風邪をひいている方も、運動習慣がないため体温が上がらず、免疫機能が弱っているため風邪をひきやすいのかもしれません。

昔から言われています「規則正しい生活、偏りのない食事、毎日の運動」が大切なようです。

夜更かし、外食やお弁当、歩かない生活では抵抗力が弱くなるのでしょう。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101