眼鏡の水滴とシリコンへら

 NHK-BS「実践!日本百名山」という番組があります。

各地の山を紹介するのと登山に関係する道具やノウハウを紹介しています。

 

ノウハウというか「眼鏡に水滴がついたときの対処法」を紹介していました。

料理で使うシリコンのへらを眼鏡のレンズ幅ぐらいにカットして、眼鏡に水滴がついた時にそのへらで水滴を取る、という方法です。

テッィシュで拭くとゴミが出る、雨の日はタオルも湿りがちということで、へらで水をかき、へらの水滴を振り落とすだけというアイデアです。

 

料理用のへらは持ち手が付いたままだと持ち歩きは邪魔になります。

前もってカットしておけばポケットに収まります。

カットしたシリコンに穴を開け、キーホルダーにしてもよいかもしれません。

寒い外から、暖かい室内に入ったときにも眼鏡は曇ります。

活躍する場面は結構ありそうです。

 

オートバイ用のレイングローブにもゴムが付いたものがありました。

親指に添うような形で、数ミリ幅のゴムが5~6cmの長さだったと思います。

ヘルメットのシールドに付いた水滴を取るためのゴムです。

屋外の趣味がある方は、用意しておくと眼鏡だけでなく色々使えるかもしれません。

そろそろ暖かくなってきたので、出かける準備に加えてみてはいかがでしょうか。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101