呼吸は鼻で

 インフルエンザが流行しています。

予防にマスクをしている人も目立つようになってきました。

そんな季節に何気なくしている呼吸の注意です。

 

 呼吸は鼻と口の両方できます。

口を閉じることはできますが、鼻の穴は常に開いていて、手などを使わないと閉じることはできません。

人は鼻を使って呼吸する動物だったようです。

 

 その訳は外から見ることができない、鼻の中の構造と働きにあります。

鼻の中の耳側の壁には大きな粘膜のヒダが三つ並んでいます。

上鼻甲介、中鼻甲介、下鼻甲介といいます。

そして、ヒダとヒダの間、ヒダと鼻の中央の仕切り鼻中隔との間の隙間は思いの外狭くなっています。

表面の粘膜からは、絶えず分泌液が出ていて、鼻の粘膜全体は粘液に覆われています。鼻で呼吸するとき、この狭い隙間を空気が通過します。

この際、空気中に含まれるゴミやほこりは、粘液に絡め取られます。

 

 これは、病原体がのどや肺に侵入することを防ぎます。

さらに、粘液の水分が通過する空気を潤すので、息が湿って、のどや気管支の乾燥を防ぎます。

鼻には、ゴミ取りフィルターと加湿器の役割があります。

生まれ持った空気清浄機能、改めて人は鼻で呼吸することが基本といえます。

 

 口で呼吸するときの利点は、呼吸量が多くなることです。

口を大きく開ければ、空気の通過を妨げず効率的です。

運動しているときは、自然と口が開くものですが、口呼吸はのどや気管支を乾燥させ、ゴミやほこりをのどに直通させてしまうという危険もあります。

 

 最近、安静時に口呼吸をしている人が増えているようです。

アレルギーなどの理由で、鼻に炎症があって通りが悪くなっている人も多いのですが、単純に癖になっている人もいるようです。

乾燥しやすい季節をなり、風邪・インフルエンザも流行り始めたので、鼻呼吸を意識しましょう。

 自分では気付かないこともあり、周りの人と協力して確認しあうことも必要です。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101