寒い時に暖かくなるには

 暑い暑いと言っていたのに雪も降ってすっかり冬になりました。

寒くなると着込んで部屋の中で過ごすようになりますが、いまいち温まらない。

そんなときはやはり身体を動かすか、お風呂にはいりしっかり温めるしかないようです。

 

 身体が熱を産む「産熱」は数種類ありますが、自分の意思で温かくなるのは筋肉を使うことになる「運動」と食事をしたときの「食事誘発性」になります。

だからと言って寒い日に食べてばかりだと、結果は見えているのでそちらは省略します。

運動して筋力がつけば筋組織が増え「基礎代謝」を上げることができます。

基礎代謝は、目の覚めた安静状態で生命を維持するのに必要な心臓の拍動、呼吸、筋の緊張などを保つ最小限の働きになります。

筋組織が多い、若い、夏には基礎代謝は高くなります。

 

 運動をしたほうが良いというのは身体が温まり、食事で摂ったエネルギーを消費するだけでなく、運動して筋肉をつければ安静にしている状態での代謝を高めることができます。

筋肉がつく前と同じ食事量なら、消費量も増えます。

運動したことによりお腹がすき、食事量が増えてしまうと・・・難しいですね。

何を目的にするかで変わってくるようですが、循環がよくなり免疫力もアップし身体を温める運動は寒い時期だけでなく、一年中必要です。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101