日本人は資源を使い過ぎ、食品廃棄が多い

 世界中の人が日本人と同じような暮らしをした場合、地球全体で必要になる食料や水、木材など自然資源の量は、地球が安定的に供給できる量の2・9倍になってしまうとの報告書を、世界自然保護基金(WWF)が発表した。

 

 各国の消費データを専門家チームが分析。

現状でも安定供給できる量の1・6倍の資源が世界全体で消費されており、中国やインドといった新興国が経済成長して先進国並みの暮らしをする人が増えると、状況がさらに深刻化する恐れがある。

 発展途上国の人々が貧困に苦しむ一方、日本などの先進国で資源の大量消費が続いていることを改めて示す結果だ。

WWFは「危機的な自然環境を回復させるため、過剰な消費を減らして、環境に配慮した製品を選ぶべきだ」と訴えている。

 

 チームが2012年の国民1人当たりの環境負荷を指標化したところ、米国とカナダが安定供給量の4・8倍を消費。

ドイツとフランスは3倍ほどで、2・9倍の日本は先進7カ国で5番目に多かった。

 日本は特に食生活に伴う負荷が全体の26%を占め、食品の大量廃棄が浮き彫りになった。

自動車や飛行機など二酸化炭素(CO2)を排出する交通分野も32%と多くの資源を使っていた。

 

 また哺乳類や鳥類、魚類など3700種以上の個体数の変化を調査すると、1970年以降の42年間で58%減ったことが判明。

生息地が失われたのが最大の要因で、地球温暖化や外来生物の影響もあるが、人間活動の拡大が背景にあるという。

 

※食品廃棄は、店の数にも関連すると思われます。

お店の仕入れ状況にもよりますが、店の数が少なければ買う人は集まるので食品の売れ残りは減る、店の数が多いと買う人は分散し食品の売れ残りが増える、傾向になります。

コンビニの数は、まだまだ増えています。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101