男性は職業により歯周病の発症に差がある

 歯周病は歯を失う原因の第1位。

発症の危険性は職業によって差があることを、岡山大病院が5年間の追跡調査で突き止めた。

背景には職業柄の不規則な睡眠やストレスがあるようだ。

研究者は「この結果を、歯と口の健康を考えるきっかけにしてもらえれば」と話す。

 

 歯周病は、口の中の細菌によって歯茎が炎症を起こし、最後には歯を支える骨が溶けてしまう病気だ。

喫煙や歯磨き不足などが発症の危険性を高めることが分かっている。

 

 岡山大病院予防歯科の入江浩一郎講師らは、2001年4月から02年3月の間に名古屋市で歯科検診を受けた人で、その時点で

(1)歯周病がない

(2)歯が20本以上ある

(3)職に就いている――という条件を満たす成人3390人を対象に、約5年後の状況を調べた。

すると、男性の32%、女性の24%が歯周病になっていた。

 

 このデータを職業別に解析し、これまでの研究で歯の病変が少ないと報告されている「専門的・技術的」な職の人を基準として比較。

その結果、男性では生産・労務、販売、運輸・通信の3分野で働く人が2・39~2・74倍、歯周病になりやすいことが分かった。

女性では、職業別の差は出なかった。

 

 入江さんは「歯周病リスクが高い職種では、定期的な歯科検診が重要でしょう」と話す。

女性は職業にかかわらず、口の衛生に関心が高いため差が出なかったとみている。

 

※毎日行うことで、生涯続けなければなりません。

歯磨きは、テレビを見ながら行うこともできます。

外食の時は、口をすすぐだけでも何もしないよりは効果があるようです。

歯周病は口の中の風邪のようで、万病の元にもなります。

良い生活習慣を身につけ、健康な生活を過ごしたいですね。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101