残った歯が少ないと外出が少ない傾向

 残った歯が少なく、入れ歯も使わない高齢者は、歯が20本以上残る高齢者と比べて「閉じこもり」状態になるリスクが2倍近い。

東北大の相田潤准教授(歯科公衆衛生学)らが、こんな調査結果を発表した。

会話や食事をためらいがちになるほか、栄養状態の低下で体力が落ち、週に1回の外出も難しくなる可能性があるという。

 

 相田准教授は、歯の健康を良好に保つ重要性を指摘。

「歯が少ない人は自分に合った入れ歯をして、快適にかんだり、しゃべったりできるようにすることが閉じこもりリスクの回避につながる」としている。

 相田准教授らは2006年、愛知県在住の65歳以上の高齢者に、歯の本数と外出の回数などを質問。

この時点で閉じこもり状態ではなかった4390人を

(1)自分の歯が20本以上残る人

(2)19本以下で入れ歯を使っている人

(3)19本以下で入れ歯を使っていない人の3グループに分け、4年間追跡調査した。

 その結果、4年後に週に1回も外に出ない閉じこもり状態になった人の割合は

(1)のグループが4.4%だったのに対し、

(2)のグループは2倍の8.8%、

(3)は2.2倍の9.7%だった。

 

 これらの数値に年齢や歯以外の健康状態などの条件を加えて調整した結果、65~74歳で入れ歯を使わない人が閉じこもりになるリスクは、20本以上残る人の1.8倍に上るとのデータが得られたという。

 

※歯から見るのも興味深いと思います。

歯は色々なことに関係するので、大切にしたいですね。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101