勉強する時間で記憶力に差が出る

 学習効果が高いのは午前中。

東京大学の研究グループは、学習に適した時間帯が体内時計によって調整されていることを突き止めた。

マウスを用いた長期記憶テスト(24時間後の認識テスト)では、活動期にあたる夜の前半が、最も学習効果が高い。

夜行性のマウスを人間に置き換えると、長期記憶のピークは昼の前半(午前中)に相当するという。

体内時計が壊れると長期記憶ができなくなることも明らかにした。

体内時計を健全なリズムに整えるには朝食を摂り、日の光に当たることが必要。

必ずしも徹夜勉強は効率的ではないようで、結局、学びには規則正しい生活が必須かもしれない。

 

 ヒトやマウスのような多細胞生物では、各細胞が統一された体内時計に合わせて、それぞれ適したリズムで活動している。

このリズムが乱れるとさまざまな悪影響が生じる。

脳の高次機能である記憶においてもリズムがあることは知られていた。

今回はマウス実験によって得られた成果で、マウスの長期記憶にも体内時計が支配していることを分子レベルで実証した。

 

 長期記憶は、視覚や聴覚からの情報を取得した短期記憶を固定化して獲得する。

今回のマウス実験では固定化過程での体内時計の支配を明らかにした。

さらに記憶を支配する海馬時計、すべての体内時計を支配する中枢時計(SCN)のいずれかが働かないと長期記憶ができなくなることも分かった。

一方、短期記憶(8時間後の認識テスト)は時間帯による有意差はなかった。

 

 体内時計は光や食事などの外部刺激によって24時間周期の日常生活に合わせた時間を刻むように調節している。

また、ストレスなどによってリズムが乱れることがある。

 

※試験時間は昼間だから同じ時間に勉強する、ということも言われていたと思います。

仕事や読書も午前中のほうが捗るのは気のせいではないようです。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101