カプサイシンの効果

 森永製菓は、大阪大学大学院歯学研究科、自然科学研究機構生理学研究所と共同でヒト介入試験を実施し、トウガラシに含まれる辛味成分カプサイシンの摂取が大脳に与える効果を調べた。

味覚を認知する領域だけでなく、自律神経活動に関与する領域にも刺激を与え、体が温かく感じる体温変化との間にも相関性があることを明らかにした。

全身の自律神経機能へ影響を与える可能性が示唆され、「医食同源」の基盤を成す新たな科学的知見が得られた。

 

 研究グループは、被験者にカプサイシンを経口摂取してもらい、その際の脳活動を核磁気共鳴撮像装置(MRI)で検証。

その結果、カプサイシンの摂取により大脳皮質で味覚を認知する領域(島皮質味覚野)に生じる神経活動が、電気的信号を通じて隣接する内臓感覚運動機能をコントロールする領域(島皮質自律機能関連領野)や温度制御に関与する領域にも広がる強い脳活動が確認できた。

神経ネットワーク活動が領域間で刺激によって生じる特定の周波数により同期することが観察された。

自律神経活動が引き起こされると、辛味を感じることで汗をかいたり心拍が上昇する。

 カプサイシンは受容体を介し、これを活性化して味覚野の神経細胞を刺激するが、詳細な神経経路が不明。

異なる領域間に神経ネットワークができることは、食品成分による脳への影響や生理機能の解明につながるとして研究基盤構築を進めていく。

 

※現在だから脳やからだの働きが分かりますが、昔の人は誰かが見つけて周りの人と確かめて本などにまとめる、ということが行われていたことを考えると古典はとても面白く、大切ですね。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101