ストレスで肌荒れ

 ポーラ・オルビスグループのディセンシア(東京都品川区)はこのほど、心理的ストレスが肌荒れにつながるメカニズムを解明した。

ストレスがかかると体温が下がり、正常な角層を生み出す機能が鈍化するため肌のバリア機能が低下、慢性的に炎症を起こす状態になる。

 

 敏感肌の原因としては、環境変化にともなう幼少期から持つアトピー因子の再発や、物理的刺激、季節の変わり目による角層の乱れが知られていた。

今後、注目を集めるのは心理的ストレス。

 ディセンシアで有職者女性約130人に「仕事や日々の生活にストレスを感じるか」「ストレスを感じると肌荒れを起こすか」を尋ねたところ、いずれも9割超が該当した。

睡眠不足や年齢層にかかわらずストレスによる免疫力低下も合わせて指摘されている。

 

 ポーラ研究所と共同でメカニズムを解明した。

角層下の顆粒層内にあり、細胞間をつなぐタイトジャンクション(TJ)が正常な角層を生み出すとの知見を基にした。

サーモグラフィーでストレスを加えた肌状態を分析すると、末梢神経の収縮による血行悪化、体温低下がみられた。

そこからTJの不活性化につながり水分やカルシウムイオンが流出、肌のバリア機能が下がり炎症を起こしてコラーゲンを破壊、「枯れ肌」が進むという。

 

 ディセンシアは、敏感肌向けスキンケアブランドとして2007年に設立。

肌荒れ時の「一時的避難」とされてきた敏感肌コスメに対し、「使い続けられるコスメとしての付加価値提案」(同)を進めており、11年から15年にかけて売上高が16・1倍に成長した。

さらなる伸長を目指し、敏感肌のほかオーガニックや無添加、ドクターズコスメを含む「安心・安全」市場を見据えていく。

 

※「ストレスがかかると体温が下がり・・・」肌荒れだけでなく、身体(内臓)の働きも低下させていると考えられます。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101