重陽の節句

 今日、九月九日は重陽の節句です。

昔、中国では奇数を陽の数としていました。

その中で最大の数である九が重なるのは、大変めでたい日となります。

そこで陽が重なる九月九日を「重陽(ちょうよう)」というようになりました。

この日は、観菊の宴が催され、菊を浮かべたお酒を飲んで長寿を祝うことから、「菊の節句」とも呼ばれます。

 

 節句といえば五節句があげられます。

一月七日(人日の節句)、三月三日(上巳の節句)、五月五日(端午の節句)、七月七日(七夕の節句)と重陽の節句。

季節の変わり目の特に大切な日として、お祝い事や様々な行事を行なう日でした。

中でも「重陽の節句」は、最も公的性格が強く、大切な行事だったそうです。

 

 平安時代には、九月八日に菊を綿で覆い、翌日に露を吸ったその綿で身体をぬぐう「着せ綿」という風習があったそうです。

そうすると若返るのだとか。

昔も今も変わりないですね。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101