ほほの動きが遅くなると老けた印象に

 ポーラ化成工業は、加齢とともに表情変化にともなうほおの動きが老けた印象を与えることを見いだした。

テカリなど白トビ領域面積のばらつきが大きくなり、皮膚の動きには遅れが生じるため、若い肌にない視覚的なノイズを生む。

シミやしわ、たるみといった従来の老化兆候に加え、顔の動きや向きが新たに兆候となる可能性を示した。

こうした現象を生み出す肌内部成分の構造変化を探り、若々しい印象を与えるエステ施術法の提案や顔の動きに対応した化粧品原料の開発につなげていく。

 

 ポーラ化成は昨秋、ヒトの見た目年齢を決める要因について知見を得た。

表情を作るために皮膚が動くと40代を境に老けた印象を与えること、見た目年齢の判断にはほおに視線が向けられることを明らかにしている。

 今回は、表情変化にともなうほおの動きと見た目年齢の関係を結ぶ要因特定を目的に研究。

20~60代の日本人女性60~70人を対象に、皮膚が動く際の特徴を画像とモーションキャプチャーで解析した。

画像からは、年齢が上がるにつれて表情変化によるほおと白トビ領域の動きにズレが生じるほか、毛穴がスジ状に見えることを確認。

顔に貼ったマーカーにより3次元空間での動きを予測するモーションキャプチャーからは、年齢を重ねると顎に比べほおの皮膚が遅れて動き、動き自体も減るため、老けた印象を与えるとした。

 先行研究から、ヒトがものを見る時には色の情報と明るさ(輝度)を認識し、動きは輝度のみで判断することが分かっている。

その点を踏まえ、顔の見え方が老化兆候となる理由について「白トビやスジ量も輝度情報のため、表情の動きとのズレをノイズと感じるからではないか」(肌科学研究部肌分析研究室の黒住元紀研究員)と考察する。

 

 今後は顔の立体性や皮膚の運動変化が肌内部のどのような変化から生じるかの解明を急ぐ。

新たな研究成果はエステ店「ポーラ ザ ビューティー」で若い印象を与える施術法やマッサージクリームとしての活用を視野に入れる。

白トビやスジが目立たず表情変化に対応するような化粧品原料の開発、来年以降の発売も目指す。

 

※「顎に比べほおの皮膚が遅れて動き、動き自体も減るため・・・」顏の豊かな表情は筋肉の動きによると思われます。食事の時によく噛むのはもちろんですが、いくつになっても話す・笑うなどで良く動かすことが必要なようです。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101