冷たい飲み物はゲリスク高い

 大幸薬品が実施した調査によると、冷たい飲み物などが原因で「夏は下痢の原因『ゲリスク』が高い」と考えている人が多いことが判明した。

また、性別や年代によりゲリスクが異なることが明らかとなった。

 

 調査は15~49歳の男女400人を対象としてインターネット上で実施した。

 まず、夏に下痢をしたことがある人に下痢のゲリスクを尋ねたところ、

「冷たいジュース」(78%)、

「冷たいスイーツ」(76%)、

「冷たいコーヒー、紅茶」(71%)という回答が続いた。

 

また、

「扇風機をつけて寝ていたこと」(10代男性の68%)、

「エアコンの効いたオフィスにいること」(20代女性の76%)、

「ビールなどアルコールの摂取」(40代男性の64%)など、

性年代別で特徴があることも分かった。

 

 同社は夏の生活習慣の違いによって、それぞれどんな下痢になりやすいかを診断できるウェブコンテンツ「夏のゲリスク診断」をこのほど開設した。

 

※暑い夏はこれからです。

自分のお腹と相談しながら、体調管理に注意しましょう。

シャワーだけでなく、湯船でゆっくりもよいです。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101