長時間テレビを見ているとエコノミー症候群に

 テレビを同じ姿勢で長時間見ると、静脈血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)で死亡するリスクが増加することを、大阪大のチームが約8万6千人のデータ解析で解明し米医学誌電子版に発表した。

 1日5時間以上見るとリスクは2時間半未満の2・5倍。脚を動かさず血流が滞り血の塊(血栓)ができたのが原因とみており、意識して動くことや脚のマッサージ、水分摂取を勧めている。

 こうした因果関係を大規模調査で示したのは初めてと説明している。

 

 エコノミークラス症候群は、長い時間同じ姿勢で座っていて脚などの血管にできた血栓が血流に乗って肺の血管で詰まり、胸痛や呼吸困難を起こす。

これまで、テレビを長時間見た後の発症例が報告されているという。

 チームは、1988~90年に全国約8万6千人(当時40~79歳)に1日の平均テレビ視聴時間などを尋ねたアンケートとその後の死亡状況のデータを使用。

 2009年末までにエコノミークラス症候群で死亡したのは59人で、うち13人が5時間以上テレビを見ていた。

この結果をその他の人のデータとともに解析したところ、5時間以上の人の死亡リスクは2時間半未満の2・5倍。

2時間半~5時間未満だと1・7倍だった。解析では高血圧や飲酒など他の生活習慣の影響は除いた。

 

 チームの白川透特任研究員(公衆衛生学)は「今回のデータはパソコンやスマートフォンが盛んになる前のもの。今後これらの利用状況との関連調査も必要」と話した。

 

 ※エコノミークラス症候群

 同じ姿勢で長時間座るなどして脚がうっ血し、静脈に血栓ができる。血栓が肺の血管を詰まらせると呼吸困難に陥り、突然死する恐れがある。飛行機の狭い座席を利用した旅行者に多く見られたことで知られるようになった。2004年の新潟県中越地震の際に車で寝泊まりした被災者を中心に頻発し、熊本地震でも相次ぎ、死者も出た。水分を十分に取ることや、同じ姿勢を続けず適度に体を動かすことが予防につながる。薬で血栓を溶かす治療法が一般的。

 

※身体を動かさないということでは、飛行機に乗っている、テレビを見ているも同じなんですね。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101