夏によく聞く「土用」

今年の「立秋」は8月7日(日)なので、土用入りは18日前だと7月20日(水)、「土用の丑の日」は7月30日(土)。

 

 土用はもともと五行思想からきています。

五行である木火土金水を四季に当てはめると、春は木、夏は火、秋は金、冬は水となり、土だけ浮いてくるが、この土は春夏秋冬のいずれにも含まれると考え、土用として四季に配当するようになりました。

 

 一年を五等分すると73日余り、さらに四等分すると十八日余りとなります。

この十八日余りを春夏秋冬の終わりに割り当てたわけで、例えば、春の土用は立夏の前十八日から十九日の間になる。

 

 「土用」という名前の由来は、土は五行の土性で、用はハタラキということで、「土性が働く期間」ということです。

土は元来、物を変化させる作用をするので、春の土用があけると夏に、夏の土用があけると秋に、秋の土用があけると冬に、冬の土用があけると春になるが、冬の土用の最後の日を特に「節分」といって、一年の大きな節目にしました。

 土用の期間中は「土公神」が支配するといわれ、この期間に土を動かしたり、門、井戸、かまどなどの修理は凶とされている。

 

 このように、土用は春夏秋冬に存在するが、夏の土用は「土用の灸の日」をはじめ、「土用もち」「土用しじみ」「土用波」などの言葉とともに、生活には極めて縁が深い。

 この季節のしじみも夏バテ防止にはよく、お灸も養生によいので「土用しじみ」「土用灸」の言葉があります。

また、うなぎは栄養学的にも極めて良質のたんぱくと脂肪を多量に含んでおり、江戸時代の学者・平賀源内もすすめたと言われる。但し、夏バテで胃腸の調子がよくないときは、おすすめしません。

「土用三郎」という言葉があるが、これは夏の土用入りの三日目は土いじりをしないで、特に身を慎む日とする俗信仰から生まれた戒めの言葉。

この日快晴ならば豊年、降雨ならば凶年とする占いもある。

 

 夏の土用は二十四節気の小暑の終わりから大暑の全体にわたっており、一年中で一番暑い期間。

地方によっては夏の土用になると、虫干しをしたり、「土用休み」といって農耕用の牛馬を海に連れて行って海水浴をさせたりする風習もあるそうです。

 

※梅雨が明け、暑さが厳しくなる季節の変わり目なので、牛馬を休ませるのでしょう。

人間もこの時期は無理は禁物です。

足の三里に灸、お腹が冷えていればへその周りに灸をすえて温めましょう。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101