胃腸をいたわりましょう

 晴れて暑い日もありますが、曇って肌寒い日もあります。

今年の梅雨は暑いばかりではなさそうなので、体調管理が難しいですね。

これから、秋の彼岸までは胃腸に負担のかかる時季になります。

 

 まずは、食事はよく噛んで食べましょう。

噛むことにより、消化に関連する臓器が準備を始めます。

噛むことにより、胃が消化する負担を減らすことができます。

消化により痛んだ胃を修復することが減るので、その分からだを休めることができます。

噛むことにより、食事の量を減らせ、体重も減らせます。

噛むことにより、脳の血流があがり、効率がよくなります。

 

 一口ご飯を口に入れたら、20回、30回噛みましょうと言われていますが、普段より長めにしてみては。

普段、5回ぐらい噛んで飲み込んでいるのなら、10回ぐらい噛んで飲み込む。

30回噛むと言われても、いきなりその回数は無理があり、3日も持ちそうにないです。

そこで、普段より少し長めではじめ、1週間続いたら更に回数を増やす、また1週間続いたら・・・を繰り返せば続けられる、と思います。

継続しているうちに体調も変わっているかもしれません。

 

 胃腸薬に頼らずに「よく噛むこと」を試してみませんか。

また、冷えたものを飲んだり食べたりすると、胃腸の働きを悪くしますので注意してください。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101