世界の肥満人口が増加中

 過去約40年で世界の肥満人口は6倍余りに増え、このままだと9年後の2025年には5人に1人が肥満になるとの研究を国際研究チームがまとめ、英医学誌ランセットに発表した。

 チームは体重(キロ)を身長(メートル)の2乗で割った体格指数(BMI)が30以上を肥満、18・5未満を低体重として、186カ国の18歳以上の男女1920万人分のデータを使い1975年と2014年の状況を比べた。

 

 その結果、75年に1億500万人(男性3400万人、女性7100万人)だった世界の肥満人口は、14年には6億4100万人(男性2億6600万人、女性3億7500万人)に増えた。

BMIの平均は、男性が21・7から24・2へ、女性は22・1から24・4に。

これは、世界の人々の体重が10年ごとに約1・5キロずつ重くなった計算になるという。

 肥満者の割合は、男性が3・2%から10・8%に、女性は6・4%から14・9%と大きく増えた。

現在の傾向が続くと、25年には世界の男性の18%、女性の21%が肥満になるとチームは推計している。

 

 肥満者の数が多い国を見ると、75年の男性の上位3カ国は米国、ロシア、ドイツだったが、14年は中国、米国、ブラジルと順位が入れ替わった。

女性ではロシア、米国、ウクライナの順が、中国、米国、インドと変わり、肥満が先進国以外でも増えている実態を示した。

 一方、アフリカや南アジアの国々では低体重人口も依然多い。

チームによると、75年には世界全体で低体重者が肥満者の倍以上いたが、女性は04年に、男性は11年に、肥満者の割合が低体重者を上回った。

 

※分配ができれば「肥満」と「痩せ」が解消できなくても減らせるのでしょうか。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101