メタボ健診の保健指導に効果あり

 厚生労働省は、特定健診(メタボ健診)で保健指導を受けた人は受けなかった人に比べて、腹囲などの改善効果が平均して大きいという調査結果を公表した。

 メタボ健診は40~74歳の男女が対象。

腹囲が男性85センチ以上、女性90センチ以上で、血糖などの検査値でも異常があると指導の対象になる。

 

 厚労省は、2008年度に検査値の異常が二つ以上あるなどで、保健師らからきめ細かな指導を受ける「積極的支援」の対象となった40~64歳の約9万人のデータを集計。実際に指導を受けた人と受けなかった人を比較した。

 

 受けた人は、09~13年度の各年度の平均腹囲が08年度比で男性は1・4~2・3センチ、女性は2・1~3・0センチ減っていた。

受けていない男性の0・5~0・7センチ、女性1・4~1・7センチよりも減り幅が大きかった。

血糖、血圧、脂質の検査値も、ほとんどの年度で指導を受けた人の方が良好だった。

 

※肥満はいろいろな病気の予備軍になりますので、予防が一番です。

BMIでみたとき、「22」を基準にしていますが、「24」ぐらいが健康というデータもあるようです。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101