鴻雁北(コウガンカエル)

 たくさんの花が咲き、鳥たちも歌いだし、やさしい風の吹く頃。

『暦便覧』によると「万物発して清浄明潔なれば、この芽は何の草としれるなり」とあります。

「雨水」の頃に顏をのぞかせた小さな芽も、種類が判別できるまでに伸びてきました。

 

 中国では春の色を青としていました。

「青春」はそこから生まれた言葉です。

 ちなみに、夏は朱、秋は白、冬は玄(黒)。

それぞれ「朱夏」「白秋」「玄冬」というのですが、「青春」はまさに先週の「清明」の頃のいめーじではないでしょうか。

 

 季節と色の関係は、食事にもつながります。

春は青色、夏は赤色、秋は白色、冬は黒色の食材を摂ることをすすめています。

旬のものの色をあらためて意識してみるのもおもしろいと思います。

それぞれの季節に体調を崩しやすい方は、積極的に食べてください。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101