りんご病・伝染性紅班は大人もかかる

 子どもの両頬が発疹で赤くなることから「リンゴ病」と呼ばれる伝染性紅斑は、大人もかかる感染症だ。

症状が子どもとは異なるためあまり知られていないが、関節の強い痛みが長引いたり、妊婦が感染すると流産したりするリスクもある。

春から夏に患者が増える傾向があるため、専門家は注意を呼び掛けている。

 

 

 この病気は「ヒトパルボウイルスB19」というウイルスが原因。

感染者のせきやくしゃみのしぶきに含まれるウイルスを吸い込む、ウイルスが付着した手で口や鼻を触るなどしてウイルスが体内に入る―が主な感染経路で、数日から2週間ほどの潜伏期間の後、発熱やだるさなどインフルエンザに似た症状が出る。

続いて特徴的な赤い発疹が出るが、そのころはもう人に広げる恐れはない。

 

 国立感染症研究所によると、4~6年周期で大きな流行がある。

全国約3千の小児科が国に患者を報告しているが、昨年は2000年以降で最多となる10万人近い報告があった。

今年3月上旬の時点でも1医療機関当たりの報告数は高水準で、例年の流行期は6~7月とこれからだ。

患者は9歳以下が多いとされる。

 

 患者報告が小児科に限られていることもあって、大人での実態はよく分かっていない。

感染しても症状が出ない人がいる一方で、激しい関節痛が数週間、まれに数年も続く場合があるという。

 

 大きな流行があった昨年、京都府福知山市では大人の患者も相次いだ。

 同市の森本宏美さん(36)は昨年2月、朝の起床時に手の指が曲がらないほどむくんでいるのに気付いた。

おかしいと思っていた数時間後、手首や足首に「立って歩けない」ほどの痛みが走った。

包丁が握れず、他の家事もできず、はうようにしか動けない。

車の運転も無理なので家で横になっているしかなかった。

 

 関節の痛みからリウマチを疑い、インターネットで調べたが、自分の症状は当てはまらない。

「分からないのが一番不安でした」。

数日後に受診した市立福知山市民病院での抗体検査で、伝染性紅斑だと分かった。

 

 「リンゴ病と言われて安心した」と話す森本さんだが「大人がかかる病気とは思っていなかった」と意外そう。

振り返ると、痛みが出る約2週間前には微熱があり、さらに森本さんの子どもに赤い発疹が出ていた時期があった。

周囲にも同じような症状が出た母親がいたという。

 

 福知山市民病院の川島篤志医師らによると、特徴的な頬の発疹は大人では少なく、発疹が出る場合も手足が中心。

また子どもではほとんどみられない関節痛があり、患者は女性が多いとの印象を受けるという。

 

 特別な治療法はなく、通常は1週間程度で自然に治るが、妊婦が感染すると流産の原因になることがある。

11~12年の厚生労働省研究班の全国調査でそうした例が確認され、研究者が妊婦向けのパンフレットを作成し注意を呼び掛けている。

 

 川島さんは「大人の伝染性紅斑への認知度は医療関係者の間でも低いことが課題だ」と指摘する。

福知山市での流行でも、他の医療機関で原因が分からず、同病院で診断を受けるまでに数週間かかった人もいたという。

 川島さんは以前から成人の感染に関心を持っており、今回、地域内での流行に気付き、疑いのある人には積極的に検査をしていたため、森本さんも早く診断できた。

 ただ、検査に健康保険が適用されるのは妊婦だけで、それも種類が限られる。

川島さんは「正しい診断には検査を受けやすくすることが必要。保険適用の範囲を広げるべきだ」と訴えている。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101