肥満でなくてもメタボ

 肥満ではないのに高血圧や高血糖などの異常を複数持つ「隠れメタボリックシンドローム」の患者は全国で914万人に上るとする推計を、厚生労働省研究班(代表=下方浩史・名古屋学芸大教授)がまとめた。

 現在のメタボ対策は肥満を前提にしているが、肥満でなくても高血糖、脂質異常などの代謝異常が重なると心臓病などのリスクが高まる。

研究班は2017年3月までに、隠れメタボの診断や生活習慣改善の指導法をまとめた指針を作成する。

 

 研究班は、1997~2012年に国立長寿医療研究センターが実施した40~79歳の男女約4000人の健康調査データを解析。

男性の10・9%、女性の13・6%が、体格指数(BMI)25未満で腹囲もメタボの基準(男性85cm以上、女性90cm以上)未満なのに、高血圧、高血糖、脂質異常のうち二つ以上の異常を持つことがわかった。

この数字をもとに、全国で男性380万人、女性534万人の隠れメタボ患者がいると推計した。

 同様にメタボ患者を推計すると971万人だった。

 

 隠れメタボとメタボの患者は、該当しない健康な人に比べて、心臓病を発症するリスクがそれぞれ1・23倍、1・45倍高かった。

 日本人は血糖値を下げるインスリンの分泌能が低い人が多く、やせていても糖尿病になりやすい。

運動習慣がなかったり、朝食抜きや早食いなどの悪い食習慣を続けたりすると、隠れメタボの危険性が高くなる。

 対策をとらない場合、患者数は10年後に1014万人に、20年後は1042万人に増えると予想される。

 一方、4000人のデータで年齢や性別などが一致する人同士を比較したところ、1日5500歩以上歩くと代謝機能が改善することが分かった。

たんぱく質やカルシウム、青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸の摂取も効果的だった。

 

 下方教授は「日本人は、太っていなくても、代謝機能などに異常が出る人が多い。肥満対策が進められるのに対し、隠れメタボは放置されている。高齢者の寝たきりなどを防ぐためにも対策が必要だ」と話す。

 

※やせていても糖尿病の方がいますので、やせていてメタボの方がいても不思議ではないかもしれません。食事、運動、睡眠など生活習慣の乱れも関係します。健康寿命を延ばすためにも薬・サプリメント・健康食品をあてにするのではなく、普段の生活を見直すことが大切です。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101