自動車は便利な道具ですが

 大阪で痛ましい事故が起きました。

自動車が歩道に乗り上げ、歩行者を跳ね飛ばしたそうです。

運転手の急病が事故を起こしたとの一報もありますが、今後詳しいことが分かってくるでしょう。

最近、運転手の急病による事故が増えている気がします。

 

 

 乗り物の安全装置に運転手が落ちるとエンジンが止まる方式があります。

スノーモービルでは運転手にコードを取り付け、雪面のうねりや段差で運転手が振り飛ばされたときにコードの先のピンなどが抜けるとエンジンが止まります。

乗り物とは違いますが、室内でランニングする運道具のトレッドミルも同じような方式の安全装置が付いている機種があります。

 

 今、自動車は人が運転しない自動運転の開発が競われています。

テストコースでの試験だけでなく、一般道の試験が行われているようです。

運転免許を持たなくても目的地まで、自動車で移動することができるかもしれません。

 

 

 自動運転で目的地に着くことも便利ですが、運転手が気を失うなど運転できなくなったとき、自動車を止めることができたら被害を減らせたのではないかと考えてしまいました。

今回のような痛ましい事故が起きないことを願います。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101