雨水

 春に関連するのは、肝、青、酸、目・・・

肝臓は、肝臓で浄化・再生した血液によって全身を養い、自らも養っています。

にんじん、パセリ、ほうれん草、ブロッコリーなど緑黄色野菜、酢の物、レモン、梅干など酸味、レバー、あさり、はまぐり、しじみなど血液を増やす食品を意識して摂るようにしましょう。

 適度な酸味は肝の働きを正常にして、からだの疲れをとり精神のいらだちを抑えます。

目の疲れをいやし、眠りを深くして胃腸の働きを高める作用もありますが、酸味の強い食事を摂りすぎると、胃腸の働きを障害し、胃炎をおこす原因となります。

暖かくなり活動的になりますが、睡眠時間をとりからだをリフレッシュする時間を確保し、気持ちにゆとりを持ち過ごすことも大切です。

 

 花粉症の時期にもなりました。

薬に頼るだけでなく、睡眠、食事など普段の体調管理にも気をつけてください。

できたら運動も。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101