春一番

 春一番、平年は2月28日ごろに吹くらしいですが、今年は週末の13,14日に吹くかもしれないとラジオで紹介していました。

 

 「立春」から「春分」の間に吹く南よりの強風のことを「春一番」と呼び、風速8m/s以上でないと呼ばないそうです。

 江戸時代の1859年に長崎県・壱岐で強風による漁船の遭難がありました。

その事故で作られた石碑に「春一」は嵐をあらわす言葉として使われたようです。

最近では、昭和31年気象協会の日記に記載があり、昭和37年朝日新聞に「地方の漁師はこの時期の強風を春一番という」ことが紹介されました。

その後、昭和50年にキャンディーズ「春一番」というタイトルの歌が発売されましたが、歌詞には「春一番」は使われていないそうです。

同じキャンディーズが昭和53年に発売した「微笑がえし」は歌詞に「春一番」が使われています。

  春一番が吹くと災害があったり、寒くなったりするので、ある面では警戒することばになります。

毎年「春一番」が吹くのではなく、期間内に吹かない年もあるそうです。

 

気温の大きな変化はまだ続きますから、体調管理に注意してください。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101