映画が変わるかも

 世界保健機関(WHO)は、喫煙場面のある映画が未成年者の喫煙を助長しているとの報告書を発表、年齢制限を設けるなどの措置を取るよう各国に勧告した。

  WHOによると、映画の喫煙場面への規制は世界的にほとんど存在せず、たばこの健康被害への認識がない若者らが映画を見てたばこを吸い始めることが多いという。

 米国で喫煙を始めた青年の37%が、映画がきっかけだったとの調査結果もある。

2014年のハリウッド映画のうち44%に喫煙場面があった。

 WHOは、喫煙場面のある映画やテレビドラマなどを放映する前に禁煙広告を流すことなども勧告した。

 

 喫煙場面をめぐっては、NPO法人「日本禁煙学会」が13年、宮崎駿監督のアニメ映画「風立ちぬ」に喫煙場面が多いとしてスタジオジブリに配慮を求める文書を送付。

インターネット上で議論が巻き起こった。

 

※古い映画のほとんどに喫煙場面があるような気がします。

WHO基準だとカリオストロの城もだめなんですね。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101