野球の話し

 高校では、期末テストが終わるとテスト休みがあります。

どの高校でもあるわけでなく、工業高校は代わりに遠足のような催しがあります。

休みにすると時間ができてよからぬことをするから、のようです。

 

 大阪にある高校野球の強豪校で、2013年に野球部内の暴力で監督が辞任し、後任の監督がみつからずに野球素人の校長先生が監督を務めたことがあります。

夏の大会、地方予選の決勝まで進みましたが、敗れて甲子園には行けませんでした。

監督が見つからない、不祥事で世間を騒がせたなどで新入部員の募集は停止し廃部が噂されました。

この強豪校は、2017年から新生野球部が始まるそうです。

また高校野球を盛り上げてくれることを期待したいです。

 

 昔の野球界は、プロとアマの間で条件付ながら交流がありました(プロ野球経験者もアマ大会に出場できた)。

ある事件(柳川事件)をきっかけに断絶状態でしたが、段階を経て2013年から研修を受講し適性検査を受けるなどの手続きを行えば、プロ野球経験者も高校・大学で指導者になれるようになりました。

この制度になり昨年までの2年間で約700人が指導資格を取得し、全国で約80人が指導しているそうです。

最近の新聞にも、20代の若い選手も引退後が不安という記事が出ていました。

 

 事件を起こさないことが一番ですが、立ち直ってユニフォーム姿を見られることをファンとして待っています。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101