乳幼児は豆が気道に入りやすい

 乳幼児が豆やナッツ類を口にすると気道に入りやすく、肺炎や気管支炎を引き起こす恐れもあるとして、消費者庁は節分に向け、「3歳ごろまでは食べさせないで」と注意を呼び掛けた。

気管支に入ると、取るのに全身麻酔をかける必要があり、肺の一部を切除することもあるという。

 

 消費者庁などが全国30の医療機関から事故情報を収集するネットワークに、今年1月までの約5年間で20件以上の情報が寄せられた。

 

 ある1歳児は、豆を食べながら椅子から下りようとした際にむせ込み、医療機関で全身麻酔をかけて気管支から豆を除去した。

 別な2歳児は発熱とせきの症状があり、肺炎の疑いで入院した数カ月後、気管支からピーナツの破片が見つかった。

小さな破片でも事故につながるので注意が必要だ。

 

 消費者庁は「乳幼児は食べ物をのみ込む力が十分に発達していない」と指摘。

豆やナッツ類は、歯が生えそろう3歳ごろまではかみ砕くことが難しく、少しかむとかえって吸い込みやすい大きさになってしまう。

かまなくても、乳幼児が泣いたり笑ったり、動いた拍子に不意に吸い込み、気道がふさがれると窒息事故が起こる危険性があるとしている。

 

※節分で豆をまくのではなく、から付き落花生で代用するなどの配慮が必要ですね。

また、節分だけでなく豆は控えたほうがよさそうです。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101