節分

 「立春」の前の日が「節分」です。

もともとは「立春」「立夏」「立秋」「立冬」それぞれの前日を「節分」と呼んでいたそうです。

季節の分かれ目を意味する言葉です。

 

 いつの間にか、「節分」といえば「立春」の前日だけを指すようになりました。

「立春」が一年の始まりだった頃は、「節分」が一年の終わりで「大晦日」と同じ意味合いがあったわけです。

そこで邪気をはらい、幸せを願う様々な行事が行われました。

「豆まき」も元々は大晦日の行事。

中国から伝わったのが宮中行事になり、民間にも広まったのだそうです。

 

 日本では生まれて一年目の初誕生だけを祝って、あとはお正月を迎えるたびに全員で歳を重ねていくという考え方でした

いわゆる「数え年」です。

豆まきの後に歳の数だけ豆を食べる風習もその名残。

みんなの無病息災を願う、寒い冬の心温まる行事の一つですね。

 

今は季節を問わず、行事だけが一人歩きしているようです。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101