子供の虫歯は減っている

 かつて9割超の子供にあった虫歯が激減している。

この20年余で1人当たりの本数は4分の1になった。

就寝前の歯磨き習慣や、フッ素を使ったうがいなどの予防策の浸透が背景にあるとみられる。

 

 

 

横浜市旭区の市立中尾小は、全校児童の95%に虫歯が一本もない学校として、昨年表彰を受けた。

給食後の全校一斉の「歯磨きタイム」などで虫歯予防に取り組む。

学校歯科医は保護者の意識の高まりを感じるといい「歯の健康を保つことは正しい生活習慣にもつながる」と話す。

 

 子供の虫歯は大幅に減っている。

文部科学省の調査によると、12歳児の1人平均の虫歯本数は、1989年の4・30本から、2013年には1・05本に減少した。

虫歯のある子供の割合も90%超から半分以下の40%台になった。

歯磨き粉の市場規模も拡大傾向で、大手メーカー「ライオン」の広報担当者は「比較的価格の高い商品が売れ筋。

虫歯対策だけでなく、歯の美白や口臭予防など消費者のニーズは広がっている」と指摘する。

 

※歯の大切さが分からないですが、歳を取ると分かるようです。

歯だけでなく他にもありますね。

 

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101