ゆとりを持って

 年末が近づき、慌しくなってきます。

昼間が短いのでなお更かもしれません。

こんなときこそ、気持ちにゆとりを持って行動しませんか。

 

特に自動車を運転する方。

「交通弱者」という言葉はもう使われていないでしょうか。

道路上で弱いほうから、歩行者、自転車、二輪車、自動車になります。

自転車は歩行者に譲り、二輪車は歩行者・自転車に譲り、自動車は歩行者・自転車・二輪車に譲ることになるはずです。

 

実際の道路上では、歩行者、自転車を停めて先に行く自動車が目立ちます。

住宅街の交差点で、歩行者と自動車が出会ったとき、自動車側に「止まれ」の標識があっても自動車が先に交差点を横切ります。

 

 これは、自動車が停止する位置が交差点ぎりぎりで、歩行者からすると圧迫感が強いこともあると思います。

さらに、自動車が交差点で止まるまでの速度が速い、ブレーキを踏むのが遅いので、歩行者から見ると「本当に止まるのか」分からないので怖いから歩行者が止まることもあります。

 

どうか、住宅街を走る時は速度を抑えてください。

交差点では二度停止するつもりで、手前で一時停止をしてからゆっくりと出て再度止まるようにしてください。

手前で止まれば圧迫感も減り、歩行者も自動車の前を横切りやすくなるはずです。

自動車に乗るだけでなく、たまには歩行者として歩いてみると自動車の怖さも分かります。

薄暗くなってきたら早めのヘッドライトを点灯することもお願いします。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101