日本人は塩分摂りすぎ、調査方法変更で判明

 日本人が1日にとっている食塩量は約13グラムとする推計を厚生労働省研究班がまとめ、英国の専門誌に論文が掲載された。

健康な成人の尿に含まれるナトリウム量から導き出した。

食べた物などから算出する従来の調査と比べ、2グラムほど多かったという。

 

 研究班は2013年2~3月、全国23道府県にある福祉施設200カ所の20~60代の職員計760人を対象に調べた。

1日分の尿をためて測定するのを1人2回実施し、含まれるナトリウムの平均値を出した。

これをもとに推計される1日の食塩の摂取量は全体で12・9グラム、男性14・0グラム、女性11・8グラムだったという。

 

 日本人の食塩摂取量は、厚労省の国民健康・栄養調査が基本になっている。

1日に食べた物や量を記入してもらった調査票から出している。

12年の結果では、成人が1日にとる食塩の平均量は10・4グラム。

男性11・3グラム、女性9・6グラム。

 

 食塩を多くとると、血圧の上昇につながることがわかっている。

摂取量は、世界保健機関(WHO)が1日5グラム未満を推奨し、厚労省の15年度からの新基準では男性8グラム未満、女性7グラム未満を目標とする。

 研究代表者の佐々木敏・東大教授(社会予防疫学)は「より実態に近い食塩の摂取量がわかった。とりすぎなので、減塩をしてほしい」と話す。

 

※冬場は汗をかく量が減るので味つけも薄めにし、慣れることも大事ですね。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101