体調が悪くても忘年会

 忘年会シーズンに6割の人が体調不良を感じているが、取引先の誘いは断らない―。ことしも年の瀬を迎えて酒を酌み交わす機会が多くなる中、佐藤製薬(東京)は、こんなアンケート結果を公表した。

 アンケートは11月にインターネット上で実施。

12月に忘年会がある20~59歳の仕事を持つ男女を対象とし、824人が回答した。


 結果によると、忘年会シーズンに「体調不良の症状が出る」と答えた人は486人で全体の59%。

この人たちに、どんな症状かを複数回答で聞いたところ、最も多かったのは「身体がだるい」の40%で、「眠気がひどい」の23%、「首や肩が凝る」の16%が続いた。「イライラする」という回答も7%あった。

 さらに、取引先との忘年会がある場合に、体調不良でも断らないとした人はほぼ4人のうち3人の77%だった。

一方で、体調が不良になり仕事の効率が下がったと答えた人も83%に上った。

 

 また、飲酒で負担がかかる肝臓について、何らかの「いたわる活動」をしているとしたのは、回答者全体の824人のうち71%。

その方法を複数回答で聞いたところ、「睡眠をよくとる」が37%、「休肝日をつくる」が28%、「食事に気を付ける」が24%などだった。

 忘年会の予定日は18~22日がピークといい、佐藤製薬の広報担当者は「シーズン中も、週2日は肝臓をいたわってほしい」と話している。

 

※脂っこいものをさけ、消化しやすいものを食べるなど胃腸の負担を減らしましょう。

それでも良くならない時は、一食抜くなど荒れた胃腸が修復する時間をつくることも必要です。

もちろん、臍周りや足の三里にお灸や鍼も効果あります。


受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101