三分の飢と寒の中で

 小児を育てるには三分の飢と寒とを存するがよい、と古人がいう。

その意味は、子供には少し空腹がらせ、少し冷たい思いをさせるがよいということである。

 子供だけでなく、大人もこうした苦労をさせるがよい。

子供に美味な食べ物をあきるまで食べさせ、上等の着物を厚着させて暖めすぎるのは、のちに大きな禍になる。

 俗人と婦人とは理にくらくて子を養育する道を知らない。

ただ腹いっぱい美味な食物を与え、着物を厚く着せて暖めすぎるので、子供はかならず病になって命を短くするであろう。

 

※子供は体温が大人より高く活動的なので、あまり厚着をさせないようにということですね。大人も厚着をして暖かい部屋で温かい食べ物を食べるのはさけてください。


 

さいたま市大宮区で便秘、生理痛の鍼灸治療は浩然堂はりきゅう院へ

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101