十五夜

 旧暦だと月の動きをもとに日付が決まっているので、十五夜は満月。

一番美しいとされるのが、八月十五日の月です。

旧暦の秋は七月から九月までで、初秋(七月)、仲秋(八月)、晩秋(九月)とされていました。

仲秋は八月の異称。

ですから、八月十五日の月は「仲秋の名月」と言います。

また、秋のちょうど真ん中にあたる日が八月十五日であることから、この場合は「中秋」と書きます。


日の出を見る風習は今でも残っていますが、月の出を待つことはなくなりました。

昔は月が出るのを待ち、特に名月のころは「待宵」、「十五夜」、「十六夜」、「立待月」、「居待月」・・・。

たまには月の出を拝んでみませんか。


受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101