虚弱予防は口から

 ちょっとした滑舌の悪さや食べこぼし、飲み物にむせるといった口周りのトラブルは、高齢者の体が弱っていく最も早いサインだ。

日本歯科医師会は、そうした不調をまとめて「オーラル・フレイル(口腔(こうくう)機能の低下)」と呼んで、早い段階での対処を、虚弱を予防するための国民運動にしようと提唱している。

 

 口周りの健康と全身の状態との関係には科学的な裏付けがある。

 東京大高齢社会総合研究機構の飯島勝矢准教授(老年医学)らは千葉県柏市の協力を得て、市内の65歳以上の高齢者1900人余りで口腔や全身の健康状態、食生活、生活の質などを3年にわたって調査した。

 すると「歯の本数」や「食べこぼし、むせ」「かむ力」「食事の量」など多くの項目が、全身の筋肉量や筋力の低下、運動機能の低下などと強く関連していた。

 「軽微な口の弱りは、全身の虚弱の"上流"に当たる。この段階で対策を講じれば元に戻したり、機能を維持したりできるはずだ」と強調する。

 

 飯島さんはさらに、高齢者の社会的な活動性に着目する。

家族や知人と食卓を囲む人は、独りで食べる人に比べて不調も少ないという。

「皆と一緒なら多様な食品を食べるし、会話も弾み、唾液も出る」からだ。

また、口の状態を気にする人は歯科医にかかる機会も多く、機能がより長く維持できる。

 どうやって不調に気づき、対応をしたらいいのか。

東京都健康長寿医療センター専門副部長で歯科医の平野浩彦さんは兆候として「硬い物が食べにくい」「液体でむせる」「口が渇く」の三つを挙げ、「体の筋肉と同じ。食べる力も意識して使わないと衰える」と自助努力の必要性を指摘する。

「かめない」→「軟らかい食べ物を選ぶ」→「さらに衰え、いっそうかめない」という悪循環が典型的な始まり。食欲の低下を経て、栄養状態の悪化を生む。

 

 自分がしっかり食べ物をかめているのか、簡単に分かる方法がある。

奥歯でしっかりかむとあごも大きく動き、頬に手を当てると大きな筋肉の動きが伝わってくる。

前歯だけをかみ合わせても筋肉はあまり動かない。

平野さんによると、軟らかい物を食べる際は主に前歯しか使わず、このかみしめるための大きな筋肉が衰えてしまう。

いつの間にか、好き嫌いより食べやすさで食べ物を選ぶようになることも、かむ力の衰えを示す要注意のサインだ。

 口の動きを測る簡単なテストもある。「パパパパ...」「タタタタ...」「カカカカ...」。

パ、タ、カの3音を短時間でどれだけ細かく発音できるか。

医学的にも確立した試験で、唇や舌の機能を示す。

特に「カ」は舌の根元を使うため、のみ込む力と密接な関係があるという。

 

 口周りのちょっとしたトラブルへの対策は、まずはかかりつけの歯科で相談して指導を受けるのが一番。

各地の歯科医師会が高齢者向けのセミナーや相談会を催したり、自治体が筋力強化や栄養指導と併せて教室を開いたりしている。



受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101