老人と小食

 朝夕の食事は日頃のように食べて、その上にまた、こなもちや麺類などを若い時のように多く食べてはいけない。

消化不良を起こしやすい。

ただ朝夕二回の食事は味をよくして食べてもよい。

昼間や夜中、その他の食事を好んではいけない。

身体を損ないやすいからである。

とくに薬を飲む時は臨時の食事をしてはいけない。

 

※時間になったから食事を取るのも大切ですが、次の食事を取る時に空腹感が出るような食事量にすることが大切なようです。

例えば、昼の食事の時間になったときに空腹感があるように朝の食事の量を加減する。

朝の食事が消化してないのに次の食事をとると脾胃に負担がかかります。

食事の量は活動量にも関係するでしょう。


さいたま市大宮区で便秘、生理痛の鍼灸治療は浩然堂はりきゅう院へ


受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101