食事、睡眠、運動

 今年は、夏の暑さが落ち着いたと思ったら涼しい日も多く、体調管理が難しいです。

薄手の羽織るものを持ち歩いて、身体を冷やさないように注意してください。


 冷たいものを飲食していると胃腸の働きが悪くなり、身体がだるい、食欲がない、便がゆるくなったりします。

涼しくなり空気も乾燥してくると、のど・鼻の調子が悪くなり、皮膚の症状もでたり、便秘になったりします。


 まずは胃腸を労わる温かいものをよく噛んで食べてください。

胃腸の症状が強い人は、黄色・夏の食材を中心に、呼吸器の症状が出始めている人は白色・秋の食材を中心に摂るようにしてください。


黄色の食材として、かぼちゃ、大豆、さつまいも、とうもろこしなど

白色の食材は、大根、たまねぎ、白ゴマ、梨など


 調子が悪くなった時は、寝る時間が遅い人は早めに寝る、温かく消化しやすい食事とる、歩くなどの軽い運動をしてください。

秋なのでいろんな場所に出掛けたいですね。


受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101