重陽の節句

 今日、九月九日は重陽の節句です。

菊酒を飲んで禍を消す儀式、公卿たちの行事の一つ。

これは九を陽数とし、それを重ねたのでこういわれています。

五月の菖蒲の節句に対し、九月は菊の節句。

各戸で菊の酒を祝い、また高い所に登る。

 

昔中国の桓景という人が、費長房という師の予言に従って災難を免れた故事に依ることが『俳諧歳時記』に記されてある。

 

 節句は季節の変わり目の特に大切な日として、お祝い事や様々な行事を行う日でした。

それが、新暦を取り入れた明治頃から、急にすたれていったといいます。

 新暦だと、菊が咲くには少し早いというのも理由かもしれません。

旧暦九月九日は、新暦に直せば十月下旬ごろ。

 

暦は直せても花の咲く時期は変えられないですね。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101