薬とともに食べてはいけない食物

 とにかく薬を飲むときは、朝夕の食事は、日頃よりもいっそう注意して選ばなければならない。

脂の多い魚、鳥、獣、なます、刺身、すし、シシびしお、塩から、なまぐさいもの、ねばっこいもの、堅いもの、一切の生の冷えたもの、生菜で熟していないもの、古くてわるいもの、色と臭いがわるく味の変じたもの、生の果実、つくり菓子、あめ、砂糖、餅、団子、気をふさぐもの、消化しにくいものなど食べてはいけない。

 また薬を飲む日は、酒を多く飲んではいけない。

日の長いときも、昼の間に菓子や点心などを食べてはよくない。

薬力が循環している間は食事をひかえるがよい。

点心を食べると、気をふさいで昼間、薬力がめぐらない。


※胃腸に負担をかけないということですね。夏のこの時期も胃腸は疲れています。食事は良く噛んでください。


受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101