衛生の道ありて長生きの薬なし

 昔の道士が、「衛生の道ありて長生の薬なし」といったのは、養生の方法はあるけれども、生まれついていない寿命を長くたもたせる薬はないという意味である。

養生とはただ生まれついた寿命をよくたもつ道である。

昔の人も、術者に惑わされて、長生きの薬というものを使用した人が多いが、その効果は何もなく、かえって毒藥に傷つけられた人がいる。

これは長生きの薬などがない証拠である。

長いあいだ苦労して長寿の薬として飲んでも無益である。

信じてはならぬ。

 内欲を制し、外邪を防ぎ、起居振舞を慎み、運動と休息とを適時にすれば、生まれついた寿命をたもつことができよう。

これは養生の道があるからである。

昔の道士の説は千古の迷信を破ったものである。

この説は大いに信ずるがよい。

およそ疑うべきことを疑って、信ずべきことを信ずるのは迷信をなくす道である。


受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101