夏の冷水

 夏は気が盛んに発生し、汗が出て人間の皮膚が大いに開くために、外邪が侵入しやすい。

涼風に長く当たってはいけない。

入浴したあとで、風に当たってはいけない。

 さらに夏は陰気が体内にかくれているから、食物の消化がおそい。

だからなるべく少なめに飲食をするがよい。

温かいものを食べて脾胃をあたためるがよい。

冷水を飲んではいけない。

冷たい生ものはすべてよくない。

冷えた麺も多く食べてはいけない。

 虚弱者はもっとも嘔吐と下痢とを恐れなければならない。

冷水に浴してはいけない。

ひどく暑いときも、冷水で洗面すると眼を悪くする。

冷水で手足を洗ってもいけない。

 睡眠中には、人に扇であおがせてはいけない。

扇の弱い風でもわるい。

風に当たって寝てはいけない。

夜、外で寝てはいけない。

 また、夜、外気の中に長く坐って夜露に当たるのは害になる。

酷暑のときでも涼しすぎてはいけない。

日に長くさらされた熱いものの上に坐ってはよくない。


※梅雨が続きますが、夏の注意点です。

冷たいものばかり、沢山とるではなく、ほどほどにしましょう。

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101