夏でもドライアイ

 日本アルコンは、ドライアイに関する意識調査を実施した。

調査の結果、約7割の人が夏でも目の乾燥を感じており「目の乾燥が仕事の生産性や業務効果を下げる」と回答しているにも関わらず、半数以上の人が対策を講じていない現状が浮き彫りとなった。

 

 調査は、仕事でオフィス内で過ごすことが多いオフィスワーカーのうち、1日平均4時間以上パソコンを使用する全国の20~59歳の男女300人を対象として、インターネット上で実施した。

 

 夏にドライアイの症状を感じたことがある人は、73%だった。

また、夏のオフィス環境で一番不快に感じるものは目の乾燥だった。

「ドライアイの原因と考えられるもの」への回答はパソコン、エアコン、コンタクトレンズの順で多かった。

 

 「具体的にどのような目の乾燥対策を行っているか」との問いに対する回答で最も多かったのは「目薬をさす」(91・6%)だった。

ただ、目の乾燥により仕事の生産性や業務効果を下げる要因となっている人が74%だったものの、目の乾燥対策を行っている人は39・7%で、半数以上の人が対策を行っていないことが明らかとなった。


※画面を集中して見ずに意識してまばたきをする、目を閉じて休ませるなども必要ですね。そうはいっても休憩時間にスマホとにらめっこでは効果は・・・。


受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101