病気がよくなるとき

 古語に「病少しく癒ゆるに加わる」といわれている。

つまり、病気が少しよくなってくると、気分もよくなるので、つい養生を怠けて用心しない。

少し気持ちがいいからといって飲食や色欲など気儘にすると病気はかえって重くなる。

少しよくなったときに、さらに用心して少しのゆるみをも見せなければ、病気は早くよくなって再発の禍はない。

快方に向かったときに慎み用心しないと、あとでいかに後悔しても無益である。


 病気を早くなおしたいと思って急ぐと、かえって逆効果になって病気を重くする。

養生は怠らずつづけて、性急に回復することを望まず、自然にまかせるがよい。

万事、よりよくしようとするとかえってわるくなるものである。


※風邪のときがとくにそうかもしれません。判断が難しいですが、余裕を持って過ごしたいですね。



受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101